敬神崇祖

kudan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 15日

反日左翼って・・・

本日は地元JR津田沼駅にて櫻井よし子氏講演会案内のビラ配りをしてまいりました。
約四時間駅にいたのですが、いろいろな団体が募金活動や演説に来ておりました。
一人で演説をしているおじいさん、臓器移植手術の募金活動、中越地震の募金活動(これは怪しかったですw)、ボーイ・ガールスカウトの赤い羽根募金等。
その中でも一際目立っていたのが、労働組合系の団体です。
私もビラ配りをしていたのでそこまでよくは聞いていませんでしたが、何でも「習志野駐屯地に配備されたパトリオットミサイル」が気に入らないらしいです。笑
私の認識ではパトリオットミサイルというものは、他国から飛んできたミサイルを撃墜する為のものであると認識しているのですが(勉強不足なので自信はないですが)、どうやら彼らはその「パトリオットミサイルを配備する」=「日本が侵略戦争をする」になるらしいです。

え?自分の夫や奥さん、子供、親、兄弟、友達が他国のミサイルで殺されても良いの?日本には防衛すら認めないの?

はっきり言って頭がおかしいとしか思えません、というか人間ではありません。
私は他国のミサイルで死にたくはありませんし、もしも他国のミサイルで死んだら、第一に怨むのはそういった反日系の団体です。

私の友人でも絶対平和・恒久平和をモットーに活動している、いわば左翼?リベラル?みたいな人もいます。
しかし、友人とあの団体の大きな違いはどれだけ国を愛しているかという事です。
確かに友人と私の歴史認識は水と油のように融合はしません。
でもどうやったらこの国が良くなるのか、やり方は違えど目的は一緒なわけです。

しかし前述のような反日極左は日本のことなど微塵も考えておりません。
本当にあの人たちって日本人なんでしょうか?

もしも日本人なら本当に根から腐っていると思わせる一日の出来事でした。

人気blogランキングへ
[PR]

by kuon878 | 2007-10-15 03:14 | 左翼


<< 最近想う事      10月10日北朝鮮への経済制裁... >>