敬神崇祖

kudan.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 07日

モンスターペアレント

今朝の産経新聞の「やばいぞ日本」。
朝から俺のテンションを下げまくりです。

小学生の子供を持つ今の親の異常性(極一部と信じたいが)を題材にしている。
例えば、子供同士の喧嘩なのに、憤激して校長先生の胸ぐらをつかむ父親。
校庭の遊具で怪我をしたから、遊具を全て撤去しろと迫る親。
子供をリレーの選手に選べと、脅迫的な電話をする親。

こういった異常な親をモンスターペアレントと呼ぶらしい。

もうバカかと、あきれて物が言えませんけど書きます(笑

自分の事しか考えず、責任を誰かになすりつけ、全てが自分の思い通りに行くと考えている親。

そんな自由・権利というものを、はき違えている親に送りたい言葉ベスト1はこれ!

イエローハットの創立者、鍵山秀三郎氏のお言葉。
「人間の幸福は、自由の中に存在するのではなく、義務の甘受の中に存在するのだ」
噛み砕けば「義務を遠ざけるのではなく、自ら積極的に引き受けることで、逆に限りない自由が与えられて幸せになる。ところが、いまの日本人は、義務を果たさずに権利だけ主張している」という意味だそうです。


私が思うに結局のところ、戦後の教育がやっぱり駄目だったんですよね。
アメリカにいいようにされてしまいました。
基本道徳である教育勅語、修身を再度復活させるしか方法はないのではないでしょうか。
尋常小学修身書にも先生という存在は崇高である絵が書かれています。
親が先生を見下し、バカにし、先生も反発を恐れるあまり腰が引けてしまう。
先生虐めで転勤を余儀なくされた先生、モンスターペアレントに殺された(自殺)先生もいる。
「先生」という聖職も、今は酷なことばかりです。
一言付け加えておきますが、別に教師の肩を持つわけではない。
日教組教育やジェンダーフリーを推進してきた前科が教師にはあるし、それを止めれなかった教師にも罪はある。
また、モンスターペアレントを育てたのもその時代の公教育であり教師である。
もちろん教師全員がそうでないのはわかっているが。


異常な主張をする親の背中を見て、その子供は育っていきます。
鼠算的に増えますよね、個人主義者が。
そうなれば世の中はもっと混沌としてくるでしょう。

おいおい(汗
日本、本当に大丈夫か???

人気blogランキングへ
[PR]

by kuon878 | 2007-11-07 13:30 | 独り言


<< 増田都子      神風特別攻撃隊 >>