敬神崇祖

kudan.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:愛國( 4 )


2007年 11月 03日

神風特別攻撃隊

時々考える事がある。
特別攻撃隊員についてだ。
10代後半から20代前半の若者が戦闘機に乗り、敵艦に目掛けて体当たりをする。
今の俺よりも若い人達がだ。

海軍からは2.535人、陸軍からは1.844人の戦死者を出した。

よくここで軍上層部が悪いと言う人がいる。
石原慎太郎都知事の映画「僕は、君のためにこそ死ににいく」もそういった考察で纏められていた。
確かに、行きたくないけど軍に「強制でない強制」をうまく演出され志願した人もいただろう。
軍神関行男大尉の存在もある。

でもちょっと待って欲しい。

現代に生きる我々が「軍上層部が悪い」「あれは強制だった」といったら、英霊たちに申し訳なくはないだろうか。
もしも、俺が「うまく演出され志願した」隊員であったとしても、生命より大切な何かを信じて特攻しているであろう。
生命より大切な「何か」。
自分の親であったり、子供であったり、国体であったり、人それぞれだと思う。
それを現代の価値観に当てはめ、論じる。
いかに無礼なことか。

実際、知覧に行きお年寄りのお話しを聞いたこともある。
出撃前夜、泣きじゃくっていた隊員がいることも知っている。
人間死ぬのは怖い、極あたり前のことだ。
それでも尚、死ぬ恐怖を払拭し、朝には清清しい面持ちで出撃されたと言っていた。
この英霊も、大切な何かを見つけたのでしょう。

その反面、現代では「生命至上主義」があたり前のようになっている。
(そんな偉そうな事いってる自分もそうだと思われ・・・)

英霊の爪の垢でも煎じて飲みたい気持ちです。

人気blogランキングへ

最後にこの一枚の写真。
知覧に行った時聞いた話では、出撃数時間前らしいです。
合掌
f0150331_12325788.jpg
[PR]

by kuon878 | 2007-11-03 12:36 | 愛國
2007年 10月 26日

日本民族と日本国民

最近忙しく、なかなかお会いできないが、酒井信彦先生という方がいる。
元東大の先生だ。
よくデモや勉強会でお世話になっている方です。
その酒井先生の著作である「民族意識の喪失が日本没落の根本原因だ」という単行本がある。

その中に

引用開始

 そもそも「日本人」という言葉には大きく分けて二つの意味があります。
 一つは「日本国民」、もう一つは「日本民族」という二つの意味です。
 日本国民とは、日本と言う国家の国籍を有する人々です。現在は国際化した時代ですから、日本に来て日本国籍を持った外国人も増えていますが、それは「~系日本人」と言います。
 それとは違って日本民族というのは昔から日本にいた人間の子孫であって、民族というのは文化的な集団、風俗とか習慣を共有している集団です。文化の中心は言語です。普通民族という場合には、例えば日本だったら日本語を母国語として育った人間、それが日本民族です。
 民族を研究する学問を、昔はドイツ流に民族学と言っていました。戦後になると文化人類学という言い方になりました。これはアメリカ流の言い方です。戦前の民俗学と戦後の文化人類学は基本的に同じですから、民族というのは文化的な集団、特に言語に基づいた集団だと考えていいと思います。
 そうは言っても徹底的に民族というものを考えた場合、最終的には意識に依存するしかありません。「自分が何民族として生きて行きたいのか」というアイデンティティです。
 血筋が日本人でなくとも、肌の色が白くても黒くても、母国語が日本語でなくとも、「自分は日本人として生きていく」という決意、覚悟がある人間が日本民族だということになります。
 最終的にはそういうふうに言わざるを得ません。
 これを逆から考えると、どうゆうことになるでしょうか。血統的には純粋の日本人であり、日本語を母国語とする日本人であっても、「日本民族として生きていこう」というアイデンティティ、日本人としての自覚がなければ、その人間は本物の日本民族とは言えないということになるのです。
 現在の日本には所謂日本人は沢山おります。日本はまだまだ人口大国です。しかし日本民族でない日本人がどんどん増殖している。それが私の言う民族意識の喪失です。
 一応日本民族ということになっているけれども、実は中身が日本民族でなくなっている人間が世の中にはびこってしまった。普通の庶民として存在するだけではなく、国家の中枢に入り込んでいる。政治家・官僚・財界人・学者・報道人・宗教家、そういう社会のリーダーの中にすら、民族意識なき日本人が大量に増えている。
 例えば河野洋平さんは典型的な例であります。日本民族としての意識があれば、河野談話などは出てくる筈が無い。最近、右の人々の間でよく言われるのは池田大作さんや土井たか子さんについて、「あれは本来日本人じゃない。だから排日的・虐日的な言動をするのだ」と説明されています。
 もし池田さん、土井さん、その他諸々の虐日的な人達が外国起源だとしても、そういう人達は日本の国籍をもって日本国民になっているわけです。日本国民になりながら、しかも本来のルーツによる民族意識を捨てていないということになります。これは客観的に見れば、極めて立派なことだと言わざるを得ません。生粋の日本人でありながら日本民族たる意識を喪失した人間が、わが国ではゴロゴロ存在しているのに、まことに見上げたものです。
 民族意識の強固さと言うことでは、アメリカの日系人とシナ系・朝鮮系の人間を比較して見ればよく分かります。アイリス・チャンはシナ系の人間です。何故あれだけ反日、虐日に熱心なのか。彼女はアメリカ在住の共産主義者だからではなく、根本的にシナ人だからです。シナ人の民族意識を持ち続けている。それに対して日系のアメリカ人の中には、反日、虐日の動きに賛同して、一緒になって活動しているマイク・ホンダという議員もいるようです。
 アメリカに行って日系人となった日本人は、民族意識を無くしているのですが、シナ人・朝鮮人は外国へ行って外国籍になりながら、まだ民族意識を保持しているのです。

 引用終わり

いやぁ~疲れました(笑
酒井先生のおっしゃることごもっともです。

正直自分も、シナ人や朝鮮人の「愛国心」の強さが羨ましいです。
(愛国無罪をやれと言っているのではないですよ、念のため)
生粋の日本人が日本という国を何故愛せないのか?
日本を愛してくれるなら、「~系日本人」でも全然ウェルカムです。

この論文を読んで、俺は「日本民族である」と今まで以上に強く思いました。

引用が疲れましたので(笑)この辺で(笑

人気blogランキングへ
[PR]

by kuon878 | 2007-10-26 20:31 | 愛國
2007年 10月 13日

10月10日北朝鮮への経済制裁を支持する国民行進

先日、「北朝鮮に対する経済制裁を支持する国民行進」へ参加して参りました。
民族派の方々、救う会の方々、多くの同士の方々が参加されていました。
もちろん当会「主権回復を目指す会」も参加いたしました。

同日は朝鮮総連も「反日デモ」を決行しておりました。
この中には驚くべきことに日本の「新社会党」「緑の党」「朝鮮人女性と連帯する日本人女性の会」等も参加していたというのです。

http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/2007-10.html#20071011

まぁ日本のといっても内部はほとんど反日朝鮮人でしょう。
この「反日デモ」の横断幕には

在日朝鮮人対する不当な差別をやめろ
日朝国交正常化早期実現を!

等が書かれてありました。
何を言っているんでしょうね、彼らは。

また、先日の産経新聞には驚くべき世論調査が載っていました。
日朝国交正常化に対する調査で約50%の方が賛成となっておりました。

何だ?これは?

こんなに馬鹿な日本人がまだいるのか。
それとも捏造された記事なのか。

人権!人権!と声高に叫ぶ左翼や反日朝鮮人に問いたい。

拉致被害者の人権はどうなったんだと。

決議文

 朝鮮半島北部に暗黒の独裁と圧政を人民に強いている「北朝鮮民主主義人民共和国」という悪夢のような存在がある。金氏朝鮮とも呼ぶべき異様な体制は、朝鮮の歴代王朝に共産主義が結び付いた人類史上最悪の国家といえる。
 この北朝鮮という悪夢は朝鮮半島だけの問題ではない。東アジア、アジア、さらに世界人類の問題でもある。北朝鮮による核開発の問題は極めて憂慮すべき問題であり、六ヶ国による協議も行われている。この協議の中で、北朝鮮は譲歩しているかのごとき姿勢を示しているが、騙されてはならない。
 北朝鮮は、我が国民を拉致するという重大なテロ犯罪を犯している。被害者は百名を超え、いまだ解決していない。先般の南北朝鮮の首脳による会談で、金正日は「拉致した日本人はいない」「拉致問題は解決している」との妄言を吐いたと報じられた。誠に許しがたい発言である。
 我が国政府は先日、北朝鮮の工作船「万景峰」号の入港禁止など北朝鮮に対する経済制裁を半年間延長することを決めた。我々は、この政府の決定を支持する。また、新しい内閣が成立した際、新総理大臣は「拉致事件」を担当する補佐官を再任した。この総理大臣の判断も支持する。
 日本国政府の措置は経済制裁と呼ぶのも憚れる手緩いものである。政府を批判すべき点も、要求すべき点も、多々ある。だが、今日は敢えていうまい。日本国政府は、北朝鮮に対する毅然とした対応を断固として行うよう奮励努力すべきである。
 我々は日本国政府を叱咤激励する。


f0150331_10315439.jpg
f0150331_1032779.jpg
f0150331_10322146.jpg


写真は靖国会事務局様から拝借しました。
すいません沼山様m(__)m

人気blogランキングへ
[PR]

by kuon878 | 2007-10-13 10:36 | 愛國
2007年 10月 04日

日本の道徳 和の心 ~OMOIYARI~

と き 平成19年10月31日(水)
    開場 午後6時
開演 午後6時30分~8時30分

ところ 船橋勤労市民センター
    千葉県船橋市本町4-19-6
☎047-425-2551
http://www.city.funabashi.chiba.jp/home/sisetu/kinro.htm

講 師 櫻井よしこ(さくらい よしこ)氏
テーマ 「日本の道徳 和の心 ~OMOIYARI~」

参加費 無料 *事前登録になります、定員オーバーのときは抽選になりますことご了承下さい。

主催  社団法人 船橋青年会議所
船橋市本町1-10-10 ☎047-431-2126    毎週火曜日~金曜日 PM12:00~PM4:00 
    http://www.funabashijc.or.jp/index.html

協賛  社団法人 船橋青年会議所OB会

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


最近の日本人はどうしてしまったのか。

お金があればそれでいいのか?

自分さえ良ければそれでいいのか?

昔の日本人の価値観はどのようなものだったのか?

拝金主義、個人主義が蔓延しているこの世の中。

何かが足りない、何となく分かっているけれどもそれは何なのか。


聖徳太子の十七条憲法、会津藩の什の教え、武士道、明治天皇の教育勅語、戦前の修身等、日本にはすばらしい道徳観がありました。


これらの中に「気づき」があるのではないか。

私も含め、少しでも多くの方に気づいていただきたい。
[PR]

by kuon878 | 2007-10-04 10:41 | 愛國